初任者研修と介護福祉士との違いは?自分に合った資格を取ろう!

サービス提供責任者になれるかどうか

今は介護施設がたくさんあります。求人も出ていますから、仕事をしたいときには求人に応募すれば仕事ができます。その時に特に資格が記載されていなければ誰でも応募ができます。資格が必要ない仕事をさせてもらえます。介護の現場では、資格を持っているかどうかでできる仕事が異なります。初任者研修を持っていると、施設で直接介助や介護を行えます。つまり持っていないとこれらの仕事は行えません。実務者研修を持っている人も同じように介助や介護ができます。さらに、サービス提供責任者の仕事ができます。訪問介護を行う場合に重要になる資格で、スケジュールを管理したり、周りの人に指示を出す仕事が可能になります。初任者研修より幅広い仕事ができ、経験も身に付きます。

現場で介護の指導を行える

介護の現場で介護をするには、初任者研修の資格が必要になります。資格を持っていれば一応はできますが、資格を取っただけの人はどうすればよいかわからない場合もあります。その時には誰かが指導しないといけません。実務者研修の資格を持っていると、初任者研修で行える仕事の他、訪問介護時のプランニングなどが行えます。ただ、介護の指導などを行うまでの力はありません。この上の資格になる介護福祉士を持っていると、介護の指導が行えるようになります。実務者研修は国家試験など無く、研修などで取得が可能です。介護福祉士は、実務者研修の資格を持っていたり、その他の条件を持っていないと受けられない国家資格になります。実務者研修よりも幅広い仕事ができます。

実務者研修とは、資格試験に合格したものの実務経験のない人のために、実際の業務を体験してもらう研修のことをいいます。