インテリアのプロフェッショナルになりたい!

インテリアのプロフェッショナル

インテリアとは壁の塗装などに限らず、照明や家具など室内の装飾にかかわるすべてのものを指します。そしてデザイナー、プランナー、コーディネーターなどインテリアを扱うプロフェッショナルには様々なものがあります。

インテリアデザイナー

インテリアデザイナーは建物内部の装飾や照明、家具などのデザイン構成を担当する仕事です。建築士は建物全体をデザインしますが、インテリアデザイナーはその役割を補助し快適な住環境を構築します。

インテリアコーディネーター

インテリアコーディネーターはお客様の要望を聞きそれに合った内装設備や照明、家具などの商品を提案する仕事です。デザイナーとの違いは、ゼロから室内のデザインをするか既成の商品を提案するかにあります。コーディネーターになるためには民間の資格試験が存在します。

インテリアプランナー

インテリアプランナーは建物の内装工事に関する企画・設計・工事管理を行う仕事です。コーディネーターの対象が主に個人住宅であるのに対してプランナーは商業施設などの内装を手掛けます。またインテリアプランナーはもともと国家資格でしたが、現在では民間の資格となっています。コーディネーターよりも扱う仕事の幅が大きいため、プランナーの資格を取得してステップアップを図る人たちもいます。

インテリアの専門学校

インテリアに関するプロフェッショナルのはデザイナーやコーディネーター、プランナーの他にも様々なものが存在します。個人住宅の他にも商業施設の内装やディスプレイ、舞台装飾などを専門に行う職業があり専門学校でそれらを学んだ人たちがそれぞれの分野で活躍しています。

インテリアの専門学校の中には、国内外で活躍するデザイナーを輩出したところもあり、早期に進学先を見つけることが大切です。