学校に行けない人への大切な居場所、フリースクール

フリースクールとは?

学生の本分は勉強で、朝早くに学校へ登校して、夕方になったら家に帰る、というのが学生にとっては当たり前の事で、人々にとっても当たり前だと思っている事かもしれません。しかし中には、何かしらの要因で学校に通う事ができなくなってしまう学生もいるのです。学校に通えなくなってしまった人が、第二の学校として通うのがフリースクールです。フリースクールとは、学校に行けなくなってしまった、小学生から高校生までの子供達が通うところです。簡単に言えば、不登校になってしまった子供達をサポートしてくれる教育機関なのです。そしてフリースクールにも、いろいろとタイプがあり、子供達の居場所として機能する事を1番にしているところもあれば、学校復帰を目標としてサポートしているところもあります。

一体、原因は何なのか?

楽しく学校に通っている子供はたくさんいますが、中には、学校に行くのが嫌になって不登校になってしまう子供もいます。不登校になってしまう原因は本当に様々で、恐らく最も多いのは、人間関係が原因なのではないでしょうか。人とうまく馴染めない、悪口を言われた、仲間外れにされたなどが、不登校になる大きな要因なのかもしれません。その他にも、学校生活が理想と全然違った、周囲の期待に応えようとがんばって疲れてしまった、といった理由もあります。学校に行けなくなってしまう理由は、人それぞれです。些細な事が原因で傷ついてしまう事もあるのです。フリースクールは、心に傷を負った子供達をサポートしてくれる、大切な居場所であり、子供達の味方のような存在なのです。

フリースクールは、様々な理由から不登校などの悩みを抱えている若者が目的に応じて学習に取り組めることが特徴です。