相続税の準備も税理士に早めに相談してみよう

相続税とはどういう法律なの?

相続税とは、ある特定の者が死亡した場合に、その死亡した者から財産等を引き継いだ方がいた場合、その引き継いだ財産等の資産価値が一定の金額を超えた場合に、引き継いだ財産に応じて税金を課す法律の事を指します。簡単に言いますと、この金額以上の財産を相続したら、その相続した金額に応じて国にお金を支払っていただきます、という法律です。

課税の対象になる財産と対象にならない財産

相続により引き継いだ財産のうち、課税の対象となる財産と課税の対象にならない財産とが存在します。課税対象財産は、現金預金、土地、建物、株式などの有価証券など、価値が認められるものは基本課税されることになります。課税の対象とならない財産は、墓地、墓石、仏壇、仏具など、これは人道的見地から見ても課税の対象にするのはふさわしくない、とされているためです。※生命保険金も一定の条件下で課税の対象になりません。さらに、債務控除というものがあり、これは死亡時にあった借金等、葬式費用などが、課税額から差引される仕組みです。とても自分で計算できるものではありませんね。

どういう準備をしたらいいの?

方法としては年間110万円までの、課税対象者に対する贈与と、生命保険の非課税枠をうまく使うことが、相続税に対する最良の準備だと言えることが出来ます。多額の財産を相続したとしても、相続税を支払うことが出来なければ、何も始まりません。年間110万円の贈与などは特に、やりだす時期が早ければ早いほどその効果が増していく方法です。これらのことから、相続税の計算は煩雑であり、また事前の準備は早ければ早いほどいいので、どういうことをやればいいのかをその道のプロである税理士さんに相談、計算してもらうのがベストであると言えるでしょう。

相続税は、相続財産の価値の評価などにとても難しい計算が必要です。また相続は多く起こることではありません。ですから相続の申告を税理士に任せるのが無難です。