高校を中退しても出来ることは沢山はあります

高校中退は珍しいことではありません

最近は高校中退することは決して珍しいことではありません。事実高校入学者の約2%の人が退学しているので、中退したからと言って特別視されることもなくなりました。学習レベルが高すぎてついていけない、勉強に興味がわかない、いじめられて登校したくないなど、いろいろな理由がありますが、高校は義務教育ではありませんから無理に続ける必要はありません。いじめられて命を落とすような悲惨なことになるくらいなら中退も一つの選択肢と考えても良いのではないでしょうか。

中退後に出来ることを探す

高校を中退したとしても、もう何も出来ることはないと落胆することはありません。もし勉強をやり直して高校卒業資格を取りたいならば、通える範囲にある別の高校に編入することは比較的容易です。もし通えるところがなくても通信制高校に入って自宅で勉強することも可能です。進学することが目標ならば大検に合格して大学受験をすることもできます。勉強することに興味がなく、仕事をしてみたいならば思い切って就職口を探すこともできます。やりたいことがはっきりしているならば、見習のような形で技術を習得するのは一つ方法です。手に職をつけるらなば安定した生活を送れます。調理師や介護士などの仕事なら、働きながら資格を取ることもできます。もしやりたいことがはっきりしない場合は、ハローワークや若者サポートステーションのようなところで相談して適性検査を受けたり、ジョブトレーニングをしてもらって適当な仕事を捜すのも良い方法です。

高校中退とは中学卒業後に一度高校に入学はしたのですが、途中で何らかの理由があって退学したことをいいます。