定員さえあれば転入できる?条件も知っておこう!

全日制高校への転入は一定の制限がある

高校にはいろいろな種類があります。よく知られているのは全日制です。それ以外に通信制、定時制が良く知られています。全日制にも学年制と単位制があります。全日制は多くが普通科になりますが、工業科であったり商業科を持っている学校もあります。ある人が学年制を有する全日制の普通科に転入学したいとき、元の学校によってはできない場合があります。基本的には、元の学校も学年制、全日制、普通科でないといけない場合があります。通信制や定時制からだと難しく、全日制の単位制からもできない場合があります。ただし、1年終了時点などであれば特に制限なくできる場合があります。カリキュラムが進めば進むほど難しくなります。定時制同士、商業科同市などなら行いやすくなります。

個人的な事情で転入を希望する場合

高校には公立と私立があります。公立は、都道府県であったり市区町村が運営している学校です。学費が安く設定されていて、地域によっていろいろなレベルの学校があります。引越しなどで転入をするときは、今の学力などと照らし合わせて、相違の少ない学校を選ぶ必要があります。では、個人的な事情での転入が認められているかですが、公立の場合は認められない場合があります。私立の場合も多くで認めていない場合があります。いくら定員に空きがあっても、認めていなければ受験ができません。ただ、私立の一部では個人的な理由での転入を認めてくれています。これらの学校では、個人的な理由で転入する生徒が多く、学校側でも一定のサポートをしてくれます。

高校転入とは、現在通学している高校から他の高校に転入して通うことを言います。全国で当該転入を受け入れている高校は多いです。